校舎案内

学園の環境

俯瞰写真

白陵の四季

本学園は、産業都市として活気あふれる高砂市の西北端姫路市と境を接するところ、 国道2号線から300m余り北に入った山ふところにあり、人家の密集地より離れ、 緑の山なみと小鳥囀る林に囲まれた絶好の環境にあります。空気はあくまで清浄、勉学をさまたげる騒音もなく又、 四季折々の自然や生物たちの営みを肌でふれながら生徒たちは毎日を恵まれた環境で生活することができます。

しかも交通の便は四方に開け、JR山陽本線曽根駅から徒歩10数分、神姫バス停曽根から徒歩約5分程度のところにあり、 高砂、姫路両地域のみならず広く県下一円からの通学にも甚だ便利です。

▲TOP▲

校舎案内

敷地全景

本校舎

本部校舎棟

本部校舎棟

職員室や事務室・保健室はこの棟に集中して設置されています。

第一校舎

第一校舎

主に高校部の教室が設置されています。大教室、IT教室、英語科教室、生徒会室、放送室などはこちら。

第二校舎

第二校舎

こちらは主に中学部の教室が設置されています。社会科教室、ふれあいルームなどはこちら。

コモンスペース

コモンスペース

校舎建替え時に設けられた、第一校舎・第二校舎・本部校舎棟を繋ぐ広いスペース。生徒達の交流の場となります。

第三校舎(理科棟)

第三校舎(理科棟)

化学室、物理室、理科室、生物室が設置され、理科棟として機能しています。

技芸棟

技芸棟

第ニ校舎と記念棟の間に設置されています。芸術科、技術・家庭科の授業はこちらで行います。

生徒会棟

生徒会棟

第ニ校舎と技芸棟の間に設置されています。技芸棟建設までは音楽・技術・家庭科室として機能していましたが、現在は改修が行われ生徒会室と文化部の部室が設けられています。

校門~体育館

記念棟

記念等

創立40周年記念として建てられた大講堂。全生徒を収納できるスペースに加え観客席を持ち、学校行事に使用されます。普段は体育館として使用されています。

講堂兼体育館

講堂兼体育館

記念棟が建設されるまでの長い間、講堂として機能してきました。普段は体育館として使用されます。

武道館

武道館

本校の特色のひとつとも言える武道館。柔道の授業はこちらで行います。

運動場

運動場

L字型の運動場。体育の授業で使用されるほか、放課後は部活動で賑わいます。

白陵会館~白陵寮

白陵会館

白陵会館

会館ホール・図書室・茶道室・喫茶室が設置されています。放課後、図書室で勉強に励む生徒もいますので、会館では静かにしましょう。

第四校舎

第四校舎

他の校舎から離れた静かな環境で、長期休暇中の補習授業や自習に、卒業後の受験指導などに利用されます。

食堂

食堂

驚きの安さと納得のボリューム。白陵生の元気の源。カレー・どんぶり・中華そば・定食・おにぎり・パン各種が販売されています。

白陵寮

白陵寮

寮生の生活場所。寮監の指導の下、規則正しい生活が送られます。

▲TOP▲